スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『お米本能食』

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
まったいらの会のしゅんすけです。

ブログを見ている人に適切な挨拶をと思い、出だしを変えてみました。


今回は僕の職場での話です。
僕の会社には食堂があり、お昼になるとみんなが食べに行きます。
〆切の関係で、お昼休憩返上で仕事をやることになりました。
その時の、「先輩」と「しゅんすけ」会話です。


先「しゅんすけは、昼はどんなもの食べているの?」

し「何も食べてないですよ。お昼は食べないんです。」

先「昼は食べないの?よくもつね。朝は?」

し「朝も食べませんよ~。」

先「えっ!?一日一食??」

し「お腹が空いたときに食べるようにしてます~。そうすると大体は一日一食で済みますよ」

先「はぁー。そりゃすごいね。僕は一日三食は食べたいな。会社の寮だよね?手料理?」

し「そう、寮に住んでます。手料理というか、お米ですよ~」

先「えっ?お米ってお米だけ?」

し「そうです♪」




ちなみに、しゅんすけは男性、26才、170cm、60kg。
バレー、バスケ、テコンドーと運動をしてきたせいか体格はけっこうガッシリ系。(胸板厚いです(笑))
空いたときに食べる、食べたいときに食べる、いわゆる、『本能食』というのを初めて約一年。
一人でいるときはお米だけなので、正しくいうなれば、『お米本能食』。

■食べているのは5kg1500円のお米。
■63kgだった体重は58~60kgで安定。
■身体は軽くなった。
■ウエスト周りがスッキリ。
■ふきでものが減った。
■うんちが激減した。(食べ過ぎたときは黒っぽくなり、自然に出るときは綺麗な黄土色。)
■食費が浮いた。
■付合いで食べる野菜や味噌汁や漬物や魚、肉は前より喜んで食べるようになった。
■身体に悪いものはなんとなくわかるようになった。



先「お米だけだと生きていけないだろ~」

し「そうでもないですよ~。少なくとも約一年は生きていますよ^^」



しゅんすけが『お米本能食』から学んだことは

■3食にすると、身体が重くてしょうがない
■満腹のときに獲物が通っても無視するライオンの気持ちがわかった
■ラーメン系は3時間後、トイレに駆け込むことになる
■アルコールは腰の辺りに溜まる感覚がすること(出て行くまで20時間くらいかかる)
■お腹が空いているわけでもないのに、お昼になるとご飯を食べる人が多いこと
■文字通り?お米だけあれば生きていけそう
■1日3食が続いたら、病気になりそう


しゅんすけが『お米本能食』をはじめたのは真平さんが「お米と塩でいきていけるよ」の一言がキッカケ。
疑うよりもまずは実践!だった。


身体の声を感じ取ること。

以前は

判断基準=頭100%

だったけど、一年たった今は

判断基準=頭20%+身体80%


考えがシンプルになって、
仕事の人間関係や日々の生活のストレスがほとんどなくなった。




先「でも、僕は食べたいから3食食べる(笑)♪」

し「そうしたいなら、それもいいと思いますよ(笑)♪」






しゅんすけのヌース的な閃き


面とは「あるがままの事、事実、見えている世界」。

「身体の声を聞いて感じること」は「面で反射して帰ってくること」。事実を受け入れること。

「頭で考え過ぎること」「解釈のし過ぎ」は面を貫通していくこと。事実を捻じ曲げること。
でも何も考えず、普通にしていると知らないうちに「常識」や「習慣」で面を貫通していくこともある。


大切なのは、ありのままの面を感じること。素直に受け入れること。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まったいら

Author:まったいら
まったいらの会のスタッフブログです!

☆★まったいらの会のHP☆★

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。